TOPへ   美容TOPへ
ピアス


ピアス(耳・ヘソ)
ピアスホールを作る時、一番初めに装着するものを「ファーストピアス」と言います。ファーストタイプには、ホールを安定させる、という重要な役割がありますので、
ケアしやすい形やアレルギーを起こしにくい素材(チタン・プラスチック)を使います。


【耳たぶ・耳軟骨】
クリニックに置いてある「ファーストピアス」の中から、好きなピアスを選んで頂きます。
ピアスを開けたい場所にマーキングし、ピアッサーであけます。麻酔はしませんが、装着するまでの痛みはとても短く一瞬で終わるのが特徴です。装着後、数時間はジンジンと痛みますが、次第に痛みもおさまります。

1ヶ月半ほどはファーストピアスを付けたままにしておきます。
トラブルは、セカンドピアスへ入れ替えてからが多くなります。
赤く腫れたり、じくじくするようであればすぐに受診して下さい。放っておくと、金属アレルギー等起こしやすくなります。
ファーストピアスは普通のキャッチよりも外れにくくなっているため
取り替える時は、ホールにダメージを与えないように注意しなければいけません。
不安な方はクリニックまでセカンドピアスをお持ち下さい。
(セカンドピアスも若干 クリニックで用意してあります)



【ヘソピアス】
お好きなピアスを選んで、へその上に付けるか下に付けるか決めて頂きます。
注射器で局部麻酔をしてからニードルで貫通させファーストピアスを装着します。

穴が出来るのに1年ほどはかかるため、その間はファーストピアスを付けたままにしておくことをお勧めします。
よく動くおなかに付けるへそピアスは衣類での締め付けや、引っかかりやすいためトラブルが起こりやすい部分です。しっかりとしたケアが大切です。
もし、赤く腫れたり汁がいつまでも止まらない等ありば早めに受診して下さい。


※未成年の方は、保護者の方の同意が必要になります。
※金属アレルギーのある方は、パッチテストをお勧めします。
HOME医師紹介診療案内料金案内アクセスQ&Aお問合わせリンクプライバシーポリシーサイトマップ
Copyright(C)2011 Imamura hifuka clinic All Rights Reserved.